目標がないのではなく、気づいていない

wedding-1146324_1280.jpg

自分で決めるためには、
自分出発の言葉にする。

「誰かやってくれるだろう」と
「Aさんにお願いする」

「時間が出来たら家族サービス」と
「今は仕事に集中する」

「医者が薬飲めというから」と
「長生きのために薬を飲む」

行動だけ切り取れば同じかもしれません。
でも下段は自分出発の言葉、
つまり主体性のある行動です。
主体的とは自分が主人公ということ。

他人が主人公の生き方は、
目標など不要です。
誰かが与えてくれます。

でも自分が主人公になると
自然と目標が生まれてきます。

期限内に終えれないくらい手一杯だから、
間に合わせるためにAさんにお願いする。

このプロジェクトは社運がかかっている。
いま旅行に行っても気になってしまう。
それよりも来月のコンペが終わってから
家族サービスしよう。

毎日薬を飲むのは大変だけど、
今の状態を維持して、
将来孫の結婚式に元気な姿で
参列できるように薬を飲もう。

このように自分の中に
何らかの目標が眠ってたりします。

他人任せなら気づきませんが
自分で決めれば目標に出会えます。