同調したら終わり

tigers-708590_640-2.jpg

人生を進化させるために
師匠がいた方がいい

そして師匠は
超一流の方がいい

あくまで
自分自身が人生を進化させる
そのサポートをしてくれるのが
師匠だということ

人生の主人公になるためには
実践を繰り返す必要があります

途中で諦めた人は
超一流の師匠と一緒にいることが
目的になります

自分は進化を諦めた
でも師匠の一門にいる
だから自分も凄いんだ

という考えに至ります

他人に同調する生き方を
選んだ時点で
人生の主人公になることはありません

人生の主人公になることを
あきらめた時点で
師匠との関係も終わりです

だって師匠は
人生賭けた挑戦に勝たせるために
応援してくださっていたんです
慣れ合いで
一緒にいるためではありません

失敗したから終了ではなく
諦めたから終了なのです

ここを勘違いしてはいけない

厳しい師匠なら
倒れても手を差し伸べることはしない
でも起き上がるまで見守ってくれます

起きることを放棄したら
もう師匠は応援できなくなります

何度も何度も立ち上がる

失敗したら
次に上手くいくにはどうするかを
必死で考える

それを繰り返していくうちに
どんどん進化していけます

同調して満足してはいけない