二種類の「一人でやる」

audience-945449_1280.jpg

ふり返ると人生賭けた挑戦をする時
必ず本気で応援してくれる人がいた
今も新しい挑戦を
応援してくれる人がたくさんいる

新しい挑戦を始める時は
一人でやることが多い

一人でやるには二種類ある
「一人きりでやる」
「一人でもやる」

どちらも
人生の主人公として生きている人の
行動である

でも似ているけど大きな違いがある

「一人きりでやる」は
周りから理解されなくても
周りから反対されても
周りを排除して一人で続ける
賛同してくれるかもしれない人まで
排除するから、いつまでも一人
自分の手が届く範囲しか広がらない
頑張ってるのに想定した結果が出ない
いずれ心の火が消えてしまう

「一人でもやる」は
周りから理解されなくても
周りから反対されても
一人で続けるということ
続けているうちに
いずれ理解者や賛同者が集まってくる
自分の手が届かないところまで広がる
そして想定をはるかに超える
結果を手に入れる
だから次のステージに進める

私は「一人きりでする」のが好きだった
でもコーチやメンターと出会い
「一人でもやる」姿勢で生きていると
一人でなくなる
そして大きな成果を手に入れられる

そして今は自分もコーチとして
クライアントの人生賭けた挑戦を
本気で応援している

私が応援してもらった恩返しでもあり
本気で挑んでいるときに
本気で応援してもらうことで起こる
奇跡のような変化=人生の進化
に魅せられたからでもある

人は常に進歩している
昨日よりもより良い今日は進歩

進化は滅多に起こらない
昨日までの延長に居なくなるのが進化

人生の進化の第一歩は
自分が人生の主人公として生きること

それをサポートするための発信を
これからも続けていきます

追伸:
ブログ開設して2ヶ月になりました
毎日読んで頂きありがとうございます
コメントやメッセージも
ありがとうございます
毎朝更新ていきますので
よろしくしくお願い致します