スパイラルアップ教育法

surgery-857140_640

「全部公開して大丈夫なんですか?」

今月も若手医師が一ヶ月間
研修にきました

研修医が来てくれると
一ヶ月間全力投球するので
レベルアップできます

7年間蓄積した知識と技術と
血と汗と涙の結晶のコツ
出し惜しみは一切しません

出す順番や量は
受け手によって変えます

キャッチボールでは
相手が受け取れる球を投げます

野球を始めたばかりの子供に
プロ野球選手が全力投球すると
受け取れないばかりか危険です

同様に初めて学ぶ研修医に
一気に全部伝えても消化不良

どの様に伝えていくかが指導医の
腕の見せ所です

常に意識するのはスパイラルアップ

すぐに結果を出せる方法を教える
徐々に詳しい内容を肉付けしていく
さらに上位の概念を身につける

という順番で教えます

がんの痛みの取り方では
医療用麻薬を導入できるようになる
上手に使えるようになる
自分で工夫していけるようになる

という順番で教えていくと
最初から成功体験が積めます

同時に重大な失敗はしなくなります

だから
安心して後ろで見守れるようになる

研修が終わっても
自分自身で成長していってもらえる

そこまで教えて大丈夫なのか?
と心配されることも多いです
ネタ切れになるんじゃないか?
そう思う人が多いです

逆です
全部伝えることで
自分自身ふり返ることができるし
さらにまとまっていく

そして
指導方法も工夫できるようになる

結果的に自分自身も成長できる

出し惜しみせず全部公開することで
次のステージに進むことができる

そして次に研修しにくる医師は
さらにたくさん受け取れる

という好循環が続いていきます

 

熱意ある若者に感謝です