現状を変えるために生きてるんでしょ?

composing-1192667_640-2.jpg

「現状がこうだから
こんなデータがあるから
次の手はこう打つ」

と考える人と

「こうなりたいから
次の手はこう打つ」

と考える人がいる

前者は過去志向
後者は未来志向

クライアントを見ていると
未来志向の人が
圧倒的に目標を達成します

いや

コーチングを受けている間に
過去志向から未来志向になります

現状は過去の集合だから
今を語る時には今で表現できない
今を語るには過去のことで表現する

だから現状から出発する人は
未来を創っていけない

「自分には実績がない」
「まだ経験がないので」
「もう少し勉強したら」
「自分は未熟者なので」

今実績ながないなら実績を積め
今経験がないなら経験を積め
今勉強が足りてないなら勉強しろ
今未熟なら早く一人前になれ

だって人って
現状を変えるために
生きてるんでしょ?

現状が変わらないと思っていのは
後ろを向いているからだ

前には無限の未来がある
自分が選んだ通りになる

未来志向の人の現状は
未来とつながっている

何ヶ月後までに10回講演する
来年には100回セッションする
来月までに資格試験の勉強を終える
一年後までに一人前になる

こう考えれば現状なんて問題ではない
というよりも
現状を言い訳にできなくなる

現状を良くしたければ
目標から出発する
そして現状を確認して実践する