入院中の過ごし方

asia-1822460_640

稼いでいる人ほど仕事している

入院生活は暇な時間の代名詞
と言われている

昔はテレビを見るか読書しか
出来ることが無かったが
最近ではネット環境が整い
スマホさえあれば何でもできる

患者さんも大抵スマホを触っている
圧倒的にゲームとテレビが多い

もちろん時間の過ごし方は自由だ
多くの患者さんと関わってきて
最近気づいたことがある

稼いでる人は年齢にかかわらず
いつも仕事している
病室に診察にいくと
まるで社長室に訪問するようだ
実際商談があるから
訪問禁止の時間もあったりする

スマホ、タブレット、ノートPC
が三種の神器

これらがあれば、ほぼ仕事は回る
できないのは出社くらいだが
対面で行う仕事は病室に来てもらう

現役を引退されている方でも
投資で忙しくされている方も多い

先日も現役を退かれた患者さんに
「入院費を稼いでいるんだよ」
と株式投資の画面を見せて頂き
投資のコツまで教えて頂いた

投資はネットがつながれば
いつでも出来るし
年齢は関係ないから
現役を退いても出来る
でも年をとってから始めるのは
大変だから
若い内から始めた方が良いよ
とアドバイスを頂いた

一方で私を含め病院にいる医療者は
全員サラリーマンだ
入院してしまったら
生活が回らなくなる人も多い

時間と場所にとらわれない仕事
というのも自分の中では新鮮だ
21世紀っぽくて面白そう
早速勉強して実践してみよう

2016年まだ時間が残っているので
新しい挑戦で自分の人生を
進化させるチャンス

 

メルマガ「ターミナルコーチング」
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H