飛び込んでみる

people-2560928_640

「飛び込んでみるもんだね」
とある患者さんが言いました

人生における大事な決断を
人に委ねる人は非常に多い
というよりも
大半の人が自分で決断せず
人に委ねています
そういう人は
決断を代わりにしてくれたことに
感謝することはありません
そして
委ねたにもかかわらず
結果には文句を付けます
結果的に
変わりに決断した人は
その人に関わらなくなり
いずれ孤立します

だからこそ
私は決断の代行はしません
その人のためにならないと
わかりきっているのに
代わりにやってあげるのは
一時的に良い人だと思われたい
という偽善です

コーチとしても医療者としても
常に同じスタンスです

Aという治療法とBという治療法
どちらも一長一短ならば
患者さん自身に決断して貰います
「お任せします」

「決められません」
と言われても時間に余裕があれば
「自分で決めないと悔いが残ります
また来るので決めてください」
といって病室を出ます

そうすると大半は自分で決断します
自分で決断するからこそ
責任感を持って全力で参加します
全力だから結果が出ます

冒頭の患者さんも同じです
主治医や病棟の看護師は
「全て人任せでどうして良いのか
わからない」という
悩みを抱えていましたが
自分でAという治療法を選んで貰い
翌日に治療の効果を確認しに行った
ところ「飛び込んでみるもんだね」
と嬉しそうに語っていました

自分で決断して飛び込んでいく
それが人生を進化させるための
近道です
決断の重要性について
深く学びたい方は
ターミナル・コーチング
動画プログラムに是非ご参加ください
http://internationalpublishers-syndicate.com/hamaguchi/ftp_n/

 

ターミナル・コーチング動画プログラム
生と死を直視し、力に変え、人生を豊かにするターミナル・コーチング
より臨場感を持って学び、人生をより豊かにできるよう
300名限定で動画プログラムを開始します。
下記のページより是非ご登録ください。
http://internationalpublishers-syndicate.com/hamaguchi/ftp_n/

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
「できる!がん疼痛緩和」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/%E6%BF%B1%E5%8F%A3-%E5%A4%A7%E8%BC%94/e/B06XP5P8P9/ref=dp_byline_cont_pop_book_1