スランプを抜ける2ステップ

carpentry-569362_640

体の痛みを治療するときに
医療者は数字で把握します
0は痛み無し
10は最悪の痛み
患者さんに何点か答えて頂きます

痛みの強さは
現時点では検査で測定できません
だから
患者さんに聞くしかありません

初心者は数字を聞くことに
時間を費やします

上級者は数字の意味を聞くことに
時間を費やします
そうすることで
痛みを判断する基準を作るのです

最初は誰もが
痛みをよくするために数字を
動かしているのです

でも途中から
数字にとらわれてしまいます
痛みをとることが目的で
数字は判断するための手段だったのに
数字を動かすことが目的になる
だから治療の目標を見失い
どんどん迷走してしまいます

数字はただ数字です
数字そのものに意味はありません

数字の奥に
痛みをとるという意味があるから
重要なのです

意味を見失うのは
最初の段階で
判断する基準を創らなかったから

判断の基準を作ると
自分の治療や行動が
基準を超えたか越えていないかが
わかるようになります
つまり
ふり返るきっかけになる

しっかりふり返るから
改善できる

改善できるから
目標に近づいていく

それができないと
スランプに陥ります

スランプは
基準がないもしくは基準が低すぎる
ことによって起こります

スランプを抜けるには
まず自分なりの基準を作ります

そして次に基準を上げていきます

成功するには成功する基準で行動する

「自分なりに勉強頑張ってます」
という受験生が
志望校に合格しないのは
勉強しているつもりでも
合格する基準に照らし合わせると
勉強していないレベルだからです

でも勉強頑張っているつもりに
なっているから伸びない
これがスランプです

まず基準を作ろう