リスクとか言っている場合?

acro-yoga-815290_640

医療業界では
「リスクとベネフィット」
という言葉がやたらと出てきます

「抗がん剤には●●のリスクがある
だからリスクとベネフィットを
考慮する必要があります」
というように

前々から嫌いな表現だったので
先日の講演会で
リスクとベネフィット
ではなく
メリットとデメリットの両面を
理解することが大事だと話した

医療業界以外にも
様々な場面で
リスクとベネフィット
という単語はよく出てきます

よく思い出してみてください

「リスクとベネフィット」
と言う人が
リスクだけ話す割合は?

言い換えると
リスクもベネフィットも
両方話す人の割合は?

リスクとベネフィットって
リスクの話をしたい時に
使う枕言葉です

「●●のリスクがあるから止めよう」
という話の流れなんです

ですが
止めればリスクって無くなりますか?

確かに●●のリスクはなくなります
でも他にもリスクはあります

挑戦しなかったことで利益を逃す
これも立派なリスクです

たとえば
失敗するリスクが高いから
独立起業しない

確かに
自分の会社を倒産するリスクはゼロ
でも起業することで得られたものは
すべて逃すと言うリスクもあります

そして
いつか時期が来たら挑戦しよう
という先延ばしをすると
いつかは来ないかも知れない

人は何故か
いつまでも元気でいられる
という前提で話をする

日本の平均寿命が80歳前後でも
自分が80歳まで生きられると
誰かが保証してくれる訳ではない

自分があと何年生きられるか
誰にもわからない

ならば挑戦しないことで
リスクが避けられると言っている
そんな余裕はない

リスクは余裕がある時に出る言葉だ
本当に生きるか死ぬかで切羽詰った時
リスク云々言っている場合ではない

 

リスクかベネフィットか
ではなく
メリットとデメリット両面を
理解した上で一歩踏み出そう!