意志が人を動かす

union-1259608_640

「行けたら行く」という返事を
あなたはしていませんか?

職場の飲み会や同窓会の
幹事をした人はわかるのだが
行けたら行くは返事ではない
最も迷惑な行為

同じように
自分では返事しているつもりでも
相手にとっては返事になってない
そんな出来事はたくさんある

共通点は決断の先延ばし

自分の決断を伝えるから
次に進める
理解してもらえる
協力してもらえる
仲間が見つかる

たとえば終末期医療の医師から
相談があったケースでは

「高齢の二人暮らしだから
自宅に退院するのは無理かもしれない
長期入院できる病院を見つけるか
何とか自宅に帰るかを判断するため
今週末に自宅に帰りたい」

判断のために自宅に。
「はい。前回外泊した時に
体調が優れず一泊のつもりが
半日で戻ってきました
今回も心配だから無理はしません」

無理しないというのは?
「週末の体調で行くか行かないか
決めようと思います」

体調が優れなければ転院する?
「それは一回家に戻って決めます」

(家にも戻れない体調なのに??)
・・・そうですか。
「無理はしないようにします」

(結局どうするんだろう???)
何かお手伝いできることはありますか
「体調次第なので特にないです」

わかりました。

 

結構多いやり取りなのですが
どう感じましたか?

もし
「何が何でも週末外泊を成功させて
家族に自宅に帰っても大丈夫なんだと
アピールしたい
何か上手くいく方法はないか?」
と言われたら対応は変わります

医学的な対応は変わりません
でも、ちょっと援護射撃する
それくらいはできるようになります

サプライズに協力して欲しい
プロジェクトの仲間になって欲しい
時など
「来れそうなら来て」
と言うか
「こうしたいから、協力して」
と言うかで
未来は大きく変わります

 

決断を伝えて共有するのが
意志

意志が人を動かし
新しい結果が生まれる

意志表明しよう!