褒められたいうちは痩せない

cream-1580907_640

「私痩せたと思いませんか?」
と病棟でカルテを書いているとき
看護師が話しかけてきました

正直なところ
変化がみられなかったので

「思いません」
と返答しました

「最近ダイエットを
頑張ってるんですよ」
と言っていました

その後、お約束の
同じ病棟の看護師から
「痩せたよね~」
という発言の嵐

そう
ダイエット頑張ることが目的ではない

「痩せたね」と言われることが目的

だから
ひとしきり「痩せたね」と言われたら
そこでダイエット終了

目的は達成されたから
それ以上続ける理由がない

ダイエットが続かない人は
他人から褒められたいだけ
そのための手段がダイエット

私はコーチングで
何人ものクライアントの
ダイエットをサポートしてきた

彼らはダイエットの成功が
最終目的ではなかった
ダイエットに成功することで
更に次の目標へと進める
最終目的への通過点が
ダイエットだった

だからダイエットを
達成することができた
痩せたかどうか聞いてくる人は
一人もいなかった
そして周りの人に痩せたかを
聴く人も一人もいなかった
全員が痩せましたねと
周りから声を掛けられていた
痩せてうれしい気持ちも
あっただろうが
やせることは通過点なのだ

だからこそ
コーチがサポートすることができる

一人では大変な時に
コーチがついていると
新しい選択肢が生まれる
フィードバックが得られる
モチベーションを上げられる
ゴールを見つめ直せる

コーチングセッションでは
ゴールから逆算し
小さな目標を作り
一つずつ達成していく

だから目標達成への道が
より明確になり
達成がより早くなる

褒めてくれる人を探さずに
目標達成を支えてくれる
コーチを見つけよう