変化に飛び込め

diving-1600668_640-2.jpg

「新しいことに挑戦するのが
怖くてできません」
という悩みをよく聴く

新しいことに挑戦することは
自分の常識を打ち破ることだ

今日常識と思っていることは
明日も常識なのか?

常識なんて常に変わっている
そう
変化は常に起きている

たとえば
医療の世界でも
今日まで当たり前の治療だったのに
明日何倍も良い治療が発明される

または
明日その治療が無効だと証明される

もしくは
その治療が病気を悪くしていた
と分かることだって実際にあった

変化自体はどうしようもない

でも
変化にどう対応するかは
あなたが決める

もっと良い選択肢ができた時
・すぐに飛びつく人
・飛びついた人を見て飛びつく人
・意地でも飛びつかない人
に分かれる

医療の例では
もっと良い治療が発明された時
究極的に飛びつかなくても
既に良い治療はできている

でも治療が無効と分かった時
飛びつかないと言うことは
治療していないのと同じこと

さらに悪くする場合は
害を与え続けることになる

無効だと分かっているけれど
それでも続ける
そう患者さんに説明して
それでも患者さんがやりたいなら
続けるのもありだ
でも説明もせず続けるのは
良い医療を受ける機会を奪うこと

害を与える行為は
確信犯ならもはや医療ではない

あなたの業界ではどうだろう?

成果が出るレベルにないコーチングを
延々やり続けるべきか?

クライアントが損するとわかって
商品を売るなら詐欺だ

逆に
変化に上手く乗っていければ
クライアントがより良い結果を得る

クライアント目線で考えると
新しい視点を取り入れたコーチング
今までの何倍も良い治療法
高性能なスマホ
これらを活用すると
人生が進化するきっかけとなる

 

変化に飛び込んで
変化を乗りこなそう