柔軟な思考をするために

girl-1665173_640

思考に柔軟性を持たせる方法

お正月に親戚が集まると
いろいろな話題が出る

ビジネスのこと
教育のこと
生活のこと
地域のこと

今までは
単に話を聞いて
単に話に加わるっていた

しかし聴き方によっては
単なる情報から
自分に活かせる話に変わる

重要なのは
自分の意識がどこに向いているか

たとえばコーチングで
転勤や転職をテーマにする
クライアントが多い時期は
自然と転勤や転職
そして地域の情報に
反応しやすくなる

独立起業を考えている
クライアントが多い時期は
起業や経営の話に
意識が向いているので
情報に反応しやすくなる

逆の場合もある
起業や経営の話が
たくさん出る環境にいると
別の場所で独立起業の
話が出ると反応しやすいし
そういうテーマをもった
クライアントと出会う機会が増える

医療者とばかりと話をしていると
医療者としか出会わなくなる
そうすると医療の考え方以外の
発想がわかなくなる
だから多くの医療者は
患者さんと感覚がずれる

別に患者さんは
医療の世界で生きる人ではない
医療の世界の話だけでは
話は合わなくなるのは当然だ

だから様々な環境や
コミュニティに所属して
いろいろな業界の人と話すこと
に意味がある

同じ話題でも話す人によって
切り口やとらえ方が異なる
切り口やとらえ方を学ぶと
思考に柔軟性が生まれる

それが新しい行動の源になる

思考に柔軟性を持とう

 

メルマガ「ターミナルコーチング」
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H