現場で活かせる学び方

books-1245744_640

来月若手医師向けに
現場で活かせる学び方
と学ぶ意義の話をします

若い医師は学習意欲が高く
知識豊富な人が多いです

でも
知識だけ多くて現場で活かせていない
頭でっかちな人も多い

知識が多いのはすごいことです
でも知識を増やすことは
目的ではなく手段です
増やした知識を実践して
患者さんの役に立てるのが目的です

だからこそ
身につけた知識を実践していく
つまり知識の運用方法が重要です

医師は病気や健康の問題を
解決することが仕事です

ですから
問題の発見と解決の観点から
医師は4つに分類できます

ヤブ医者
大きな問題にも気づけるが
解決はできない人

普通の医師
大きな問題を解決できる
小さな問題には気づかない人

良い医師
大きな問題を解決できる
小さな問題には気づけるが
解決はできない人

最高の医師
大きな問題を解決できる
小さな問題にも気づけて
解決もできる人

 

大きな問題に気づくことが
できなければそもそも医師ではない

ヤブ医者と普通の医師の分かれ目は
大きな問題を解決できるかです
誰の目にも見ても明らかな
大きな問題は誰でも気づきます
解決できれば普通のレベルです
まずは誰の目に見ても明らかな
問題を解決できるように学びます
このレベルの話は本になりやすいので
本から学ぶことができます

普通の医師と良い医師の分かれ目は
小さな問題に気づくことです
大きな問題を解決できるようになれば
小さな違和感を察知できます
それが問題だと気づけるためには
実際に解決している人に教わる
必要があります

良い医者と最高の医者の分かれ目は
小さな問題まで解決できるかどうか
多くの人が気づかない問題を
解決できるなら
貴重な人材になれるのです
これも実際に解決している人に
教わる必要があります

あなたの業界ではどうだろですか?
大きな問題と小さな問題
気づく力と解決する力
同じような関係になっているのでは
ありませんか?

学ぶ時はこの4つを意識すると
実践可能な学びができます