人生の委任状を出すな

women-777861_640

「今月2週間育休暇取ります」
という話をすると
「どうやってとれたんですか?」
と聞かれます

有給まとめ取りなので
正確には育休ではありません
だから
「有給なので有給取る手続きを
しただけですよ」
とお答します

すると以下の二つの質問が続きます
二週間と言い出しにくい
二週間も仕事を空けられない

「言い出しにくい」への対策は
休み取るには申請するしかない
それが法律に定められた手順です

自分から言い出しにくい
とか
上司の方から声をかけてほしい
と言う人は他人に依存しています

子供が生まれたからと言って
「二週間育休を取りなさい」
と上司から指示が出る
そんな状況があると思いますか?

全ての人が育休を取りたい
というわけではありません
そして
会社には育休を強制的に取らせる
権限もありません
つまり
自分が育休取りたいかどうかを
知っているのは自分だけです

相手の出方を待っている時点で
相手に主導権を渡しているのです
委任するなら仮に取れなくても
文句は言う資格はありません

育休に限った話ではありません
「言わなくても分かって貰える」
という幻想を私たちは持っています

長年一緒に住んでいる家族でも
言わなくても分かるのは
至難の業です
そこまで付き合いのない上司が
言わなくても分かるなんて
最初から無理な話なのです
ならば自分で言い出すしかない
言い出せないのは単に
言い出す勇気がないだけです

人生の主人公として生きるなら
自分に言い出す勇気がないのを
雰囲気とか空気とか上司とか
自分以外のせいにしてはいけない

それは
人生の委任状を出すのと同じ
だから

どんなときでも
自分の人生の委任状を
出してはいけない

現在メルマガにご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。

メルマガ「ターミナルコーチング」
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H