実践してないことはバレている

microphone-2775447_640

実践してないことはバレてます

半年間の医療経営学コースが
昨日で終わりました
毎回MBAコースの先生の講義と
グループワークで三時間半です

大学院の教授なので
理論的なところは非常に詳しく
講義内容も充実していました
でも
なんとなく知識重視というか
分析と解説はわかりやすいのですが
質疑応答は歯切れが悪い
こういう文献がある
とか
こういう事例がある
という学問的で具体例に乏しい
印象でした
そして講義もボソボソ喋る

最終回を担当された先生は
雰囲気が違っていました

質問は即答
具体的に細部まで答える
そしてプレゼンがハキハキして
声も大きくて聞きやすい

開始1分でこの先生は凄いな
と思っていたら

自治体と複数の企業が組む
大掛かりなプロジェクトを
幾つも歴任されてきたそうです

他の先生は研究者で
今回の先生は
実践者であり研究者でもある

その違いが滲み出ている
という感じでした

医療者の講演会でも同じです
この人は実践してないな
というのはすぐに分かります

だから
若手の講演会の企画や
プレゼンを指導する時も

知ってるだけ
の情報は省いた方が良い
自分が実践していることを
話した方が聞き手には響くから

とアドバイスしています

誰も知らないような知識を仕入れて
多くの人にシェアする
というコンセプトの勉強会なら
知識の詰め合わせでも満足されます
しかし
多くの人が知っている知識を
並べ立てても満足されないどころか
満足度は下がります
だったら
実践を通して得た気づきやコツを
シェアする方が受講者の役に立ちます

自分の実践や体験を通した話なんて
役に立たないと思う人が多いですが
意外と同じ立場の人には刺さります

実践して話すを繰り返すと
自分の実践も深まります
さらに
話すために実践する
というサイクルも加わると
成長は一気に加速します

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
「できる!がん疼痛緩和」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/%E6%BF%B1%E5%8F%A3-%E5%A4%A7%E8%BC%94/e/B06XP5P8P9/ref=dp_byline_cont_pop_book_1