頑張っても成果が出ない理由

teamwork-2016420_640

「こんなに頑張っているのに
どうしたらいいんだろう・・・」
と思うことはありますか?

日本人はとにかく頑張っています
外国だと明らかに手を抜くような
場面でも自分に鞭を打って
日々頑張っています

ですが
頑張った割に成果が出ていません

その原因は二つあります

頑張ることが目的になっている
そして
基準が低い

本来は成果を出すために頑張る
はずだったのですが
頑張ること自体が目的になります

だから連日徹夜で頑張るとか
体を壊してまでも頑張るといった
長時間取り組むことが重要
といった議論になります

ですが長時間頑張ること自体に
意味などありません
長時間頑張った結果
大きな成果を上げることが重要です

医師が連日病院に泊まり込み
徹夜で診療をしていても
疲れて思考力や判断力が落ち
見た目も不潔で家庭は崩壊し
不健康がたたって倒れる
というのは数年という短期間なら
結果が出るかもしれませんが
長期で見たら大きな結果は
生みません

もう一つは基準の低さです
頑張ることが目的になると
頑張れば結果が出なくても良い
と達成の基準が低くなります

納期を守るが品質は無視
毎日出社はするがゲーム三昧
残業が前提の能率の悪い働き方

これらは達成の基準が低い状態

ここから抜け出すためには
成果を出すことを目的にする
そのためには
成果を出さなくても良いと
言う人から離れること

多くの人は頑張るが
成果を出さない
だから成果を出すために頑張ると
意外とすぐに成果は出る

それを邪魔しようと
甘い言葉をかけてくる人を
いかにシャットアウトするか
それだけで
頑張った割に成果が出ない人
から卒業できる

 

現在メルマガにご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。

メルマガ「ターミナルコーチング」
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H