努力の方向性を決める

wall-1542067_640

迷走から抜け出す方法

「迷走するクセを治したい」
「何をやっても上手くいかない」
と考えている人は多い

迷走を解決するには一点突破

まずは一つに集中する

 

タイムマネジメントが下手で
困っているクライアントとの
セッションでのこと

「何とか現状を打破しようと
あれこれ試すんですけど
上手くいかない」

あれこれ試してるんですね?
「はい。思いついた方法を
片っ端から試しています」

すごい行動力ですね
「行動はするんですが
結果に結びついてないんですよね
四方壁に囲まれて
ぶつかり続けているようです」

四方にぶつかり続けてる
「そうなんです。打ち身だらけです」

壁を突破しようと努力している。
それは素晴らしい取り組みですね。
どんな結果を望んでるの?
「えっ?」

結果が出るってどんな状態?
「試した行動が上手くいく事です」

なるほど。上手くいくこと。
では上手くいくとどうなる?
「満足できます」

満足したいんだね。
「はい。
せっかくやるなら満足したいです」

満足すると、どんな良い事がある?
「うれしいです」

うれしい。大事なことですね。
それってタイムマネジメントに
繋がりますか?
「!!繋がらないです!
むしろ自己満足に時間を使ってる」

繋がらないと思うんですね。
じゃあ行くね繋げるためには
何ができるだろう?
「うーん。今まで少し試して
他のも少し試してきたので
一つに決めてやってもいいかも」

一つに決める
「はい。一つの壁に穴を開けます。
そしたらタイムマネジメントの
上達にも繋がります
自分の取り組みが有効なのか
無効なのか判断できるところまでは
やりきる事が大事かなと。
今まで評価する前に止めてました」

一つに決めて
評価できるところまでやって
壁を突破する
素晴らしい決意ですね!
では具体的に何をするか決めましょう

 

方向性を決めて、一点突破。
通用すると判断できたら続ける
通用しないと判断したら別の方法
それまで安易に諦めない。

判断する前に止めるのは
一応挑戦したという証を作りたいだけ

時間かかっても違いを作り出す。