最初から正直に

girls-914823_640

最初から正直になる方が良い

終末期医療の現場では
患者さんに病気の事実を隠そうとする
家族の方がたくさんいます

日本の多くの職場では
家族と過ごしたいという気持ちを隠し
いやいや残業を引き受けたり
飲み会に参加する人がたくさんいます

学校でも
内心は気に食わないと思っていても
一見仲良く振舞う人がたくさんいます

これらの状況は
最初は楽なのです

すると
その状況が当たり前になってきます

家族が病気を隠せば
患者さんは病気が存在しない前提で
お話をします
早く退院して旅行に行きたい
とか
すぐ直ると言ったのにいつまで
入院しなければならないんだ
という話が出てきます
だから家族はドンドン辛くなります

職場でも同じです
周りの人からすれば積極的に仕事を
引き受けてくれる熱心な人
とか
会社の飲み会が好きな人
という前提ができます
だからドンドン話が舞い込むので
家族との時間がなくなります

学校でも同じです
相手は仲が良いと言う前提で
接してきます
だからドンドン近づいてくるのです

最初は楽でも
後々ずっと辛くなります

逆に
最初から立場を表明すると
最初は辛いかもしれませんが
後は楽です

最初に病気の事実を話せば
現実的な今後の話ができます

最初に家族を優先したいと言えば
無理に誘われたりすることは
なくなります

最初に気に食わないことがあれば
伝えることで気にかけてもらえます

最初から正直になる方が
長期で考えれば生き易くなります

最初の勇気が重要なのです

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
「できる!がん疼痛緩和」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/%E6%BF%B1%E5%8F%A3-%E5%A4%A7%E8%BC%94/e/B06XP5P8P9/ref=dp_byline_cont_pop_book_1