受け手の目線を取り入れる

disabled-72211_640

子供が入院して気づいたこと

昨日子供が熱で入院しました
自分が勤務先に入院しているので
普段働いている時には見えない
患者さんの家族としての見え方が
できました

この経験によって
普段職場で言われている
接遇の向上や療養環境の整備が
医療者の目線で語られていて
患者目線では考えられてないか
ということが分かりました

たとえば
医療者が何時間も連続で病室に
滞在することはありません
もっというと病室でなく
患者さんが入院中に過ごす
ベッドに何時間もいることも
ありません
だから
ベッドの寝心地がどうか
ベッドに寝てもテレビが見れるか
収納の位置関係はどうか
付き添いの家族が疲れない椅子
が配置されているか
足音など騒音対策ができているか
など勉強になります

特に病室のテレビは
ほとんどの病院で
寝ている人からは見えません
にもかかわらず
日本の大半の病院で同じ配置です
それでテレビカードを買わせて
いますが最近ではスマホで
テレビや動画が見れるので
買う人が減っています

これはテレビとテーブルと収納が
一緒になった台の構造と置き方の
問題です
病室のレイアウトと台の構造で
テレビが見えない位置に設置され
収納がベッドのせいで開けれない

入院を経験したり家族として
長時間病室に滞在していれば
直ぐに気づけるけれど
造っている人が経験していない
ので作り手目線になっている

病院以外の例では
バリアフリーでエレベータを
設置してもエレベーターに
乗るまでに階段がある建物は
結構有ります

患者さん目線からの苦情や
クレームそして要望の中には
「ごもっともだ」と思うものも多く
実際に使う人でなければ気づかない
目線が作り手や買い手に欠けている
ことによって宝の持ち腐れになる
ことがたくさんあります

物だけではなく自分の知識や経験
に関しても同じです
受け手の目線を取り入れることで
よりよい結果を生みます

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
「できる!がん疼痛緩和」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/%E6%BF%B1%E5%8F%A3-%E5%A4%A7%E8%BC%94/e/B06XP5P8P9/ref=dp_byline_cont_pop_book_1