ちょっと離れたら見える

castle-2687036_640

「ちょっと近寄り過ぎてます」
と指摘してくれる人はいますか?

目の前にある解決すべき問題が
大変であればある程
客観的に見ることが
できなくなります

たとえばこんな状況です

歩いていると高い壁にぶつかった
向こう側に目的地があるのは
わかっている
だから
この壁を登るしかない

でも
壁を伝って歩いていくと
実は曲がり角があって
そこを曲がると目的地の
入口がある

壁だと思っていたのは単なる門で
少し離れた場所から見れば
曲がり角があることにも気づけた
でも
地図とにらめっこをしていて
気づいたら目の前に壁があった

よくある話です
この時に
「冷静になれ」
とか
「しっかり解決策を考えろ」
という根性論を振りかざすと
いかに早く壁をよじ登るか
という議論しかできなくなります

ここで必要なのは
少し下がって全体を見てみよう
と言える人です

客観的に見たら
異常な対応をしているのに
一生懸命になりすぎて
誰も異常だと気づかない
ということは
どんな職場でも起こりえます

この職場で働くしかない
以外に選択肢が見つからなければ
辛くても我慢しなければいけない
と考えてしまいます

しかし
職場は他にもある
とか
独立起業する方法もある
と考えられると
やっぱりおかしいかもしれない
と気づくことができます

ちょっと離れたら見えるけれど
近寄りすぎたら見えなくなる
だから
指摘してくれる人が必要です
それが
メンターやコーチの役割です

少しだけ客観的に自分を観る
それだけで人生は進化します

 

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
「できる!がん疼痛緩和」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/%E6%BF%B1%E5%8F%A3-%E5%A4%A7%E8%BC%94/e/B06XP5P8P9/ref=dp_byline_cont_pop_book_1