決断の独占権

checkmate-1511866_640

誰かが決断せねばならないなら
あなたが決断すべきだ

「決断力が無くて
ついつい先延ばししてしまう」
という人は
先延ばしした決断が
何処に行くのか考えたことは
ありますか?

あなたに決断の機会が訪れたのなら
その瞬間はあなたに決断の独占権が
あるということだ

先延ばしをする人は
決断の独占権が
いつまでも自分にあると思っている

しかし実際には
いつまでも独占権は無い
先延ばしは独占権の放棄を意味する

たとえば
仕事で決断すべき場面が来た時に
少し様子を見ようと
先延ばししたとする

次の機会に決断しようと思っても
次の機会はやって来ないのだ
正確には
次の機会はやって来る
しかし
決断の機会はあなたに来ないのだ

決断力を磨きたい人は
たくさんいる
決断力は決断することで磨かれる
だから
他の人が見送った決断は
別の人が狙っている

周りの人も
前回決断しなかった人よりも
決断をしたい決断力のある人に
任せたいと考えるのだ

せっかく巡ってきた決断の機会を
一度逃せば逃し続けることになる
逆に
一度決断をすれば
決断し続けることになる

人生は決断の連続だ
どのみち決断し続けるのだから
先延ばしにせずに
どんどん決断し続けること
それが自分を進化させる方法だ

 

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
「できる!がん疼痛緩和」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/%E6%BF%B1%E5%8F%A3-%E5%A4%A7%E8%BC%94/e/B06XP5P8P9/ref=dp_byline_cont_pop_book_1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35