決断の促し方

pickup-1943763_640

損したくなくて決断できない人に
決断を促すときは

どっちでも良い
だから
どっちが良い?

と尋ねるようにしています

損をしたくない人は決断しません
どちらかを選ぶということは
どちらかを捨てるということです
自分が選ばなかった方が
良い結果だったら損だから
なかなか決断できません

いつまでも迷っているうちに
時間切れになって
両方選ぶことができなくなると
わかっていても決められません

医療現場でもよくあります
Aという治療とBという治療
効果は同じ程度で
副作用が違う
ならば説明を聞いたい上で
好みで選ぶしかありません
いつまでも決められないと
病気が悪くなって
手遅れになります

たいていの医師は
AとBの説明をしてから
「どちらが良いですか?」
と聞きます

すると極少数派の
決断が早い人々は即断します
それ以外の人はいつまでも
決められません

どちらかを選ぶと損するかも
しれないと思うからです

このときに
「AとBどっちでも良い治療です
どっちがいいですか?」
と一言足すだけで
決断が早くなります

当然ですが人生で重要なことは
自分で決めねばなりません
待っていても誰も決めてくれません
とは言っても
大半の人はそれでも決められません
ならば
決断を上手に促す工夫をすることで
貴重な時間を奪われなくて済みます

 

決断の促し方を工夫しよう

 

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4758303991/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1489569935&sr=1-1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35