決断が先

law-1063249_640

「先に結論を言いなさい」
と上司から言われた経験は
誰にでもある

多くの人は
様々な状況・理由・言い訳を
先に述べてから結論に至る
その順番に考えるように
教育されてきているからだ

しかし
人生の主人公として生きている人は
先に結論
いや
先に決断がある

たとえば
キャリアを支援したクライアントは

今の職場では活躍できない
主要なポストが埋まっている
経営陣の方針に賛同できない
両親がいい年齢になってきた
地元に戻る友人が多くなった

だから地元で独立起業しよう

と考える

だから結局独立起業しない

理由をいくつ集めても
行動する決定打にはならない
不安要素を全て潰しても
行動するきっかけにはならない

人生の主人公は
まず独立起業すると決断する

そして
今の職場では活躍できない
主要なポストが埋まっている
経営陣の方針に賛同できない
という理由を見つける

最終的に
「やはり独立起業だ」
という結論に至る

ターミナル・コーチングも
同じ手法を用いている

クライアントに
「理想がすべて叶うなら
どう生きたい?」

と聞いた時に

「今こういう状況だから
ここを目指したい」
と言います

それに対して
「今がどうかは関係ない
完全に理想通りなら
あなたはどう生きている?」
と質問します

現状からスタートする目標は
過去の延長線上にしかない
つまり運命でしかない

だから先に目標を創る
目標を創るのは決断することだ

だから先に決断する
先に決断しさえすれば
達成できる
達成するための理由は
幾らでも生み出すことができる

それが人生を進化させる方法だ

 

現在メルマガにご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。

メルマガ「ターミナルコーチング」
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H