ふり返りには目標を用意する

workplace-1245776_640-2.jpg

ふり返りを行うときは何のために
ふり返るのかを明確にしましょう。

ただふり返りをするだけだと、
過去に生きる人になります。
ふり返っても次に生かさなければ、
ただの自己否定になっていきます。
それは居酒屋での反省会と同じです。

目的、目標がなければ、
「ああ、終わっちゃったね」程度の
浅いもので終わります。

あなたは何を目標に行動を起こしたのか。
そして次にどこへ行くのか。
それを明確にしてから行います。

人生の主人公として生きるために
物事を完結させるのが目的です。