みんな同じという考えを捨てる

wolf-1341881_640

みんな同じという考えを捨てる

ファッション誌を見ていると
全誌うすくてお洒落なアウター
が特集されています

関西や関東に住んでいる時は
疑問に思いませんでしたが
札幌に着てから視点が変わりました

いま外は吹雪いてます
一晩で10cm雪が積もりました
今週は最高気温がマイナスです
薄くてお洒落なアウターで
紅葉見に行ったら命が危険です
そして
道北や道東では少し前から
こんな状態です
一方で
石垣島は20度なのでアウターは
なくても問題ないくらいです

同じ日本であっても
場所が変わると生活パターンは
大きく変わります

北海道外で講演に呼んで頂くと
地域によって医療の水準や
人手の確保の状況が
全然違うことに驚きます

同じ地域に住んでいたとしても
人それぞれバックグラウンドが
異なっています

だから
自分と相手は同じことを考えてる
と思っていると上手くいきません

コミュニケーションが下手な人は
自分の考えに万人が賛同すると
思っています

相手と考えが違うかもしれない
という前提に立てば
相手がどう考えているのか
確認するために質問が生まれます

コミュニケーションを上達するには
話し方をいくら勉強してもダメで
質問が上手くなる必要があります

質問することで相手との接点が
生まれます
接点ができることで相手に対して
個別の対応ができるようになります

個別対応と言う名の画一的な
サービスには質問はありません
本当に個別対応してくれるところは
たくさん質問してくれます
質問が多いことで
満足度が上がっていくのです

 

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
「できる!がん疼痛緩和」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/%E6%BF%B1%E5%8F%A3-%E5%A4%A7%E8%BC%94/e/B06XP5P8P9/ref=dp_byline_cont_pop_book_1