アドバイスは相手の足を進めるもの

wood-1212244_640

話を盛りすぎるな

調べ物で本やネットを見ると
初心者向けなのに小難しいことを
やたらと列記しているもの

もの凄く簡単に書いているもの
に分かれます

初心者向けの本の目的は
最初の第一歩を踏み出させること
にもかかわらず
大義名分を持て
とか
簡単なものではない
とか
大げさな話を入れる
すると初心者は行動を止めます
しかも最後までその本やサイトを
見ません

書き手は物知りだと思われたいが
話を盛りすぎて初心者の心を
掴むことが出来ません

新人指導も同じです
仕事の意味や大義名分などは
仕事している内に身に着ければ
良いのです
働き始めた人に大義名分など
まだ無くてもいい
(もちろん有った方が良い)

そこにこだわることに
意味が無い

相手の足を止めさせてしまうのは
アドバイスとして無価値です
アドバイスは
相手へのプレゼントなので
相手の足を進めるものにすべきです

「もしも友達が失敗しそうな
挑戦をしようとしていたら?」
と聞いてくる人がいますが
失敗すると決め付けないことです
あなたには出来ないことでも
他の人には出来ることなど
山ほどあるのです

そして人は失敗から学ぶものです
人の失敗する権利を奪う権利は
誰も持っていません

なによりも
求められていないのに
勝手にアドバイスを押し付ける
という行為は迷惑なのです

アドバイスはいつの時代も
求められてからするものです

 

背中を押すことに専念しよう

 

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4758303991/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1489569935&sr=1-1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35