ベルト着用サイン点灯前にやる

plane-691084_640

ベルト着用サインが点灯する前に

私は月に数回、飛行機に乗ります
飛行機に乗っていると
トイレに行きたかったのに
ベルト着用サインが点灯してしまい
行けなくなってしまう人がいます

トイレには行きたいと思っているのに
あれをやってこれをして
そろそろベルト着用サインが
点灯する直前にトイレに行って
と段取りしていると
気流の影響で予定より早く
点灯してしまい行けなくなります

一方で
座席で出来ることは後でもできるから
空いているうちにと早めに
トイレに行ってしまう人もいます

終末期医療の現場では
「残された時間を自宅で過ごしたい」
という方は多いです

しかし実際に自宅で過ごす人は
それほど多くありません

あれこれ段取りや準備をしている間に
徐々に体力が落ちてしまい
退院するタイミングを
逃してしまいます

その一方で
準備はそこそこに
サクッと退院して自宅で過ごす人も
意外といらっしゃいます

コーチングをしていても
目標を設定して
現状の分析も済んで
行動計画を立てたのに
延々計画の見直しをしようとする人と

行動計画を立てたら
直ぐに始めて修正していく人

に分かれます

圧倒的に早く目標を達成するのは
直ぐに始めるクライアントです

計画を見直そうとする人は
行動し始めるまでに時間がかかります
その後ようやく
行動して修正していく
という段階を経るので
更に時間がかかります

時間がかかっている間に
現状も変化していくので
さらに計画を見直したくなってしまう

結果的に
見切り発車できない人は
行動開始ができないし
行動を開始できないから
目標を達成することもない

ベルト着用サインがいつ点灯するかは
誰にもわからないので
見切り発車でまず行動することが大事