フィードバックを得る方法

room-2174142_640

久々に学会発表することにしました

コーチングに出会う前は
年間7-8回は国内外の学会発表を
していました

コーチングに出会ってから
興味が完全に移りこの2年は
全く発表していませんでした

再び発表しようと思ったのは
コーチングを診療に取り入れて
上手くいくケースが出てきたので
それを発表しようと思ったから

コーチングはコーチング
医療は医療
と分かれていたのが
実践を繰り返す中で
上手く馴染んできました

自分でも掘り起こせていない
コーチングの可能性はあります
でも発表していく中で
自分の中の可能性に気づく
発表を通じてコーチングの有用性
を医療者に知ってもらいつつ
新たなフィードバックを得る

新しい試みですが
コーチング診療のシェアと
フィードバックを通じて
自分自身さらに上手くなる
上手くなることで患者さんや
医療者そして受講生に
さらに貢献するという
良い流れが生み出せると
確信しています

以前は診療とコーチングは
構造が違うので統合は無理
と考えていましたが
自分の成長とともに
意外といけるかも
という考えに変化し
更に成長して
もっと統合できると確信する

という流れではありません
それはターミナル・コーチングの
考え方に合いません
実際には途中から
統合できるかどうかではなく
統合する
そのためにどうする
何を試せば良い
結果をどう活かせばいいのか
とさんざん試してきた結果です

努力の結果いつか目標が生まれて
いつの日か達成できる
という考え方は私はしません
達成したい目標を創り
達成するためのプロセスを
考えながら実践し修正する
そして目標を見直しプロセスも
見直していく

これが私の生き方です

 

メルマガ「ターミナルコーチング」
現在メルマガにご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4758303991/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1489569935&sr=1-1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35