構え、撃て、狙え

archer-2345211_640

「構え、撃て、狙え」
という言葉をご存知ですか?

一般的には
構えて
狙って
撃つ
という流れになります

「構え、撃て、狙え」は
ビジネス書など成功法則で
よく語られる言葉です

準備をし過ぎるあまり
チャンスを逃してはいけない

という意味で使われます

終末期医療の業界でも
毎日遭遇する問題です

「お盆明けに介護休暇を取る」
とか
「次の連休に家族が集まる」
とか
「準備が整えば退院する」
などです

全く持病の無い元気な若者が
骨折して
手術を受けて
リハビリして
退院する
のであれば
多少時間がかかってもいい

でも
残された時間が短ければ短い程
準備に時間をかける(=狙う)
余裕は無いのです

圧倒的に多くの人が
構えた後に
狙い過ぎて撃つ前に
標的を逃してしまって
撃てずに終わるという行動を
繰り返して生きています

そして
「あの時に撃っていれば」
と後悔して生きています

そんな人々を毎日たくさん見るので
終末期医療の専門家は
「見切り発車くらいの方が良い」
とアドバイスするのですが
聞き入れられることは少ないのです

日本人は失敗することを
過度に恐れるあまり
構えて、良く狙うこと自体が
目的になります

撃たなければ
獲物を仕留めることはできません

構えたのに撃たないのは
バッターボックスで
一度もバットを振らずに
見逃し三振でアウトになるのと
同じことです

自分を進化させるには
「構え、撃て、狙え」
の順番を意識して生きる
そして精度を高めていくのです

 

メルマガ「ターミナルコーチング」
ご登録頂いた方限定で無料音声
「なぜ、ターミナルコーチングを学ぶと人生が急速に進むのか?」
~ドクター濱口大輔が終末期医療の現場で目にしてきたものとは!?~
を公開しています。是非ご登録お願い致します。
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ips&MagazineID=19&MoreItem=1

「患者さんのための鎮静」(メジカルビュー社)
「できる!がん疼痛緩和」(メジカルビュー社)
アマゾン、書店にて発売中!
https://www.amazon.co.jp/%E6%BF%B1%E5%8F%A3-%E5%A4%A7%E8%BC%94/e/B06XP5P8P9/ref=dp_byline_cont_pop_book_1

Podcast番組「ドクター濱口大輔のターミナル・コーチング」
https://goo.gl/IqI34H

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.hamaguchi.35